1発
合格

CPAの丁寧なフォローアップと分かりやすい講義が決め手でした! ---棚村 しほりさん

CPAを選んだ理由

公認会計士という資格に興味を持った時に、会計士試験についてのご相談に伺ったのが偶然CPAでした。

そこで登川先生にご説明頂いたのですが、そちらの説明の丁寧さから、この予備校では丁寧なフォローアップが頂けると感じたのが一つ目の理由です。

その後簿記の国見先生の無料体験講座に伺ったところ、ものすごくわかりやすく簿記の入門を勉強できました。授業の質の高さに感動したとともに、勉強内容への知的好奇心を刺激されたため、こちらで勉強していこうと決意いたしました。

また、自習室が完備されていることや、CPAの勉強仲間の関係の良さなども目に映ったのも要素の一つだとおもいます。

CPAの良かった点

会計士の資格で一番の要ともいえる財務会計論の講義がものすごくわかりやすい点が、本当に強みだと思います。

そして、その他の科目に関しても、たくさんその科目を研究された方々がわかりやすく説明してくださるため、苦手科目ができにくいのも強みです。

講義自体のわかりやすさに留まらず、質問をしたい時は校舎にいらっしゃる先生との対話や他校舎の先生への電話、TwitterのDMなどすぐに疑問を解決できるため、学習の理解がはやく進みます。

また、講師の方々やチューターさんが学習ペースや成績を把握して良く声をかけてくださるため、自分の学習ペースの修正などが簡単に行えました。そのほかにも、先生との雑談などもあり、仲が深まるので、CPAに通学すること自体も楽しかったです。

公認会計士を目指した理由

就職活動で会社のことをよく知らずに自分の就職先を決めることに違和感があったことから、その前にビジネスを理解するための勉強をしなければと思ったのがきっかけです。

しかし、会計士試験は多くの時間と労力をさく上、合格者のほとんどが監査法人に就職するという流れがあるので、この道で良いのかはよく考えてから選ぶべきだとのアドバイスもいただきました。

そこで監査法人の方とお話しするイベントに参加するなど、吟味したのですが、監査法人は職場環境として自分自身に合っていると感じ、監査法人に就職する目的で会計士試験に挑戦することを決めました。

具体的には、監査法人は会社の核となる部分にアクセスできる点と、優秀な方々をまわりにおいて仕事ができる点で監査法人に魅力を感じたところです。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する