CPAの常に質問できる環境は他校には無いサポートです! ---秋吉 龍太さん

CPAを選んだ理由

私がCPAを選んだ一番大きな理由は、高校の仲の良い友達がCPAに通っていたからでした。

私の兄は他の予備校の公認会計士講座を受けて、公認会計士の論文式試験に合格したため、私は元々そちらの予備校に通うつもりでいました。しかし兄にも、公認会計士の勉強では一緒に相談しながら勉強できる友達がいることが大切だと言われ、CPAに通うことにしました。実際にCPAに通い、友達が居たことが勉強の支えになったので、CPAに入って良かったと感じています。

また、友達がいること以外にも大学在学中の合格率の高さも魅力的だと感じました。CPAの大学在学中合格率は他の予備校に比べ高く、実際に私がCPAで一緒に勉強した仲間の多くが合格を掴みとっています。

CPAの良かった点

私がCPAを選んで良かったと感じた点は、CPA全体の空気の良さです。

CPAでは講師やチューター主催の懇親会が多く開かれ、一緒に勉強する仲間を作る機会が多くあります。公認会計士試験の勉強は長期間に渡るため、一人では精神的にきつくなり、続けることが困難だと思います。

しかし、CPAでは講師との距離感も近く、またCPA全体が仲が良いため、仲間たちと相談や切磋琢磨しながら勉強を進めることができました。また、校舎には常に講師やチューターが居るため、分からないことはすぐに質問に行くことが出来る点も、他の予備校にはあまりないメリットだと思います。

講師に質問することで、その論点において自分が理解できていないことを指摘してもらうことなどにより、効率的に学習を進めることができました。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を知ったきっかけは、3つ上の兄が公認会計士試験の勉強をしていたことからでした。

慶應義塾高校に通っていた私は、受験勉強がなかったため、高3の冬に受験勉強の代わりに何か勉強しようと考えていました。そこで兄に公認会計士の勉強を勧められて、CPAの簿記入門講座に通うことにしました。

簿記講座では登川講師に分かりやすく簿記を教えてもらい、元々数学が好きだった私は簿記の勉強が自分に向いてると思い、そのまま公認会計士講座にも申し込むことにしました。

高校3年生だった私は、公認会計士という仕事がどのようなものなのか具体的なイメージは持っていませんでしたが、安定して高収入をもらえる、大学在学中に受かれば就活も楽に終わる点などにも魅力を感じました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する