CPAは講義のバリエーションが多く自分のレベルに合わせて、講義を選択できるのが魅力でした。 ---山本 晃佑さん

CPAを選んだ理由

私は、大学四年の時の論文式試験が不合格でした。

専念して勉強する選択肢はないと考えていたので、働きながら学習する道を選びました。

そうなると、限られた時間の中で、いかに効率よく、自分のスケジュールに合わせて学習する必要がありました。
好きな時間に講義を視聴できる通信スタイルがベストだと考えました。

その中で、なぜCPAを選んだかというと、幅広く網羅されているけれども、あくまで重要性に応じてテキストが構成されている点や同じ科目の中でも、講義のバリエーションが多く自分のレベルに合わせて、講義を選択できる点が他の予備校とは一味違うなと感じました。

CPAの良かった点

私は通信制だったのですが、講師陣に電話で質問できる体制が非常に良かったと思います。

東京CPAは講師の質問待機時間を受講生に公表しているので、自分の質問したい講師にその時間帯に電話をかけると丁寧に教えてくださりました。

これは電話質問だけに限らず大阪梅田校(私の受講生時代、大阪梅田校は無かったです)に行く機会がありました。

その時に感じたのは、講師席が入ってすぐの受付の横にあったので、なんて受講生との距離が近いのだろうと感じました。この受講生が質問しやすい環境は、他の予備校よりもCPAが一番だと私は感じます。

公認会計士を目指した理由

私は学生時代に、誰にでもできる仕事は嫌だなと考えていました。漠然とですが、何かの専門家になって仕事がする姿をイメージしていました。

そこで、経営に興味があったので、色々な会社に往査に行き、会社の内部の状況を知ることができる公認会計士の資格が魅力に感じ、志しました。
難関資格であることも挑戦意欲を掻き立てられたと思います。

私は人生の中で受験に、成功したこともあれば、失敗したこともありますが、何かの試験に合格した時の喜びは、努力した者にしかあじわうことのできないかけがえのないもので、過去の成功体験が最終的に私の背中を押したのだと思います。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する