CPAなら個人個人にあった戦略的なカリキュラムを作成してくれます! ---富岡 里穂さん

CPAを選んだ理由

私がCPAを選んだ理由は、合格率の高さと、一人ひとりの受講生と講師との距離が近くサポートが厚いことです。また、サークルの先輩がCPAで合格していたことも、CPAを信頼してここでやっていこうと思った理由の一つです。

まず、合格率に関しては、そもそも会計士という選択が、在学中に何か資格を取ろうと思った中での選択肢の一つだったからです。在学中という限られた時間の中で合格するには、合格率の高さが必要不可欠でした。

また、講師との距離に関しては、目立ちたがりではない性格から、大人数の中に入ってしまうと満足にサポートを受けられないと思ったからです。初めてCPAに受講相談に行った時から、講師の方が丁寧に説明して一緒に考えてくださって、このような環境ならこれからの学習もやりやすいと思いました。

CPAの良かった点

実際に学習してCPAの良かった点は、まず講義、テキスト、そして講師やチューターとのコミュニケーションです。

講義に関しては、各論点の分かりやすさはもちろんですが、講義の中で勉強のモチベーションアップのコツや、合格後のイメージを膨らませてくれる話をしてくださった点。そして、3時間という長い講義の中で、ここはリラックスして、ここからは集中して聞いていください、などとメリハリをつけて最後まで集中力を保たせてくれる進め方をしてくださった点がとても良かったです。

次に、テキストに関しては、論点ごとのまとめの表が非常に多くあり、短答前はそこだけ確認することで短時間でテキストを回すことができました。そして、そのようなまとめの表を見ていると、まとめ方の参考にもなりました。また、テキストの紙がしっかりしていることと、余白が程よく挟んであるのが個人的にお気に入りでした。大きな付箋などでページを増やす必要がなく、テキスト一冊で完結できるので、とてもありがたかったです。

そして、講師やチューターとのコミュニケーションに関しては、メンタル保持の面でとても支えになりました。講師の方は、担当科目だけでなく、全体の成績を見てくださって、バランスの方針など気軽に話すことができました。

公認会計士を目指した理由

私は、一目見て他人と差別化でき、また、自由に時間を使える学生の間に取得する利益が大きい資格を探していて、その中で会計士という選択肢を選びました。

大学1年の時にアルバイトをしている中で、数年後の就職活動で、自信をもって自分の強みと言えるものがなく、漠然とした大きな不安を持ちました。そこで、分かりやすい強みとなる資格を取ろうと考えたのがきっかけでした。

高校生の頃から、お金の回る仕組みなどに少し興味があったので、会計士を目指してみようと思い、CPAに足を運びました。そこでまず簿記の体験講座を受けたのですが、いろいろ仕分けを切っていって、最後に帳尻がピッタリ合う感覚が非常に気持ちよく、パズルがカチッとはまるようで面白く感じ、また、講義の分かりやすさに感動して、CPAで会計士の勉強を始めるに至りました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する