CPAと自分自身を信じ、全力で走り抜ければ必ず合格することができます! ---山田 皓祐さん

CPAを選んだ理由

私がCPAを選んだ理由は2つあります。

1つ目は、圧倒的な合格率の高さです。本当に会計士試験に合格することができるかどうかについて不安に感じていた私にとって、合格者数ではなく、合格率を明示していたCPAは、信頼性が高く安心して選ぶことができました。

2つ目は、いつでも合格者である講師・チューターの方に相談できる環境です。公認会計士試験は範囲が非常に広く、正しい勉強法を行うことが非常に重要であると感じたため、いつでも学習計画を相談でき、分からないところを質問し、解決することのできる環境は魅力的だと思いました。会計士試験に短期で確実に合格できる環境が整っていると感じたため、CPAを選びました。

CPAの良かった点

CPAの良かった点は大きく分けて3つあります。

1つ目がCPAの講師の方が行う、理解を徹底的に追及した講義です。講義のほぼすべてが、イメージすることに強く意識が置かれていたため、会計に関しほとんど知識がない私でも、すんなりと理解することができました。簡単な具体例を用いた講義であったため、記憶にも残りやすく、本試験で初見の問題が出た時にも対応できたと思います。

2つ目がA~Dまで重要性が付されたテキストです。会計士試験は範囲が非常に広く、効率的に勉強を進めることが非常に重要になります。受験生のニーズに合わせ、効率性と網羅性の両方を追求しているのは、CPAのテキストだけだと思います。私自身も、得意な科目はA~Cまで学習することで得点を稼ぎ、苦手な科目はA~Bまで学習し確実に合格点を守るなど、戦略的に学習を進めることができたのも良かったです。

3つ目が、何でも相談し合え、切磋琢磨できる、勉強仲間の存在です。長期戦になる会計士試験において、競い合い、励まし合える友人の存在は大きく、大変だと感じることは少なく合格することができました。

気心知れた友人や先輩、後輩、チューターの方のおかげで、CPAに通っていた日々は、本当に楽しかったです。全国4位で合格した友人、母国語は日本語ではないのにも関わらず短期合格されたベトナム出身の先輩など、レベルの高くカオスな環境に身を置けたことは非常に良かったと思っています。また、会計士試験合格後のCPAの強い縦の繋がりも、非常に素晴らしい点だと思います。

公認会計士を目指した理由

私が、公認会計士を目指した理由は2つあります。

1つ目が、公認会計士という資格を通して多様な業務フィールドに飛び出していける点に魅力を感じたからです。会計士になれば、独占業務である会計監査のみならず、税務やコンサル、独立という選択肢を持つことができます。

私の高校は付属校であったため、大学受験がなく、将来に対する漠然とした不安を感じていました。大学入学時から、将来やりたいことは具体的に決まっていなかったものの、税理士として独立していた両親の影響もあり、「一度きりの人生、自分のやりたいことをやって自由に生きたい」という思いを抱いていました。そのため、幅広い活躍の場がある、公認会計士の無限の可能性に惹かれ、目指すことを決めました。

2つ目が、大学生活で何か大きいことを成し遂げて実力をつけたいと思っていたからです。大学生活を漫然と過ごすことだけは嫌だったので、資格を取るか留学に行くかのどちらかにトライしようと決めていました。

最後まで悩んだ末、資格があればその後数年の留学はそれほど痛手にならないと思い、会計士の勉強を始めました。大学4年生時に、アメリカへの留学、現地でのインターンを経験することができそうなので、結果的に良い選択だったと感じています。

これから公認会計士を目指す方へ

会計士試験に合格するにあたって特別な才能など必要ありません。CPAと自分自身を信じ、全力で走り抜ければ必ず合格することができます。頑張ってください!

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する