CPAはテキストの分かりやすさと、講師やチューター陣の手厚いサポートが魅力です! ---小西 佑佳さん

CPAを選んだ理由

私がCPAに出会ったきっかけは、簿記の無料体験講座でした。

の際に公認会計士講座の説明会にも参加し、大学在学中の圧倒的な合格率の高さと、それを実現できる環境に魅力を感じました。

私は大学入学前の春休みにCPAに入ることを決めたため、当時は公認会計士の勉強はもちろん、大学生活の想像もつかない状況でした。

そのような中でも入会を決断できたのは、CPAでなら大学生活と両立して学習できると感じたからです。大学から徒歩数分の場所に校舎があること、大学の試験期間中は授業や答練がなくなること、受講生同士の仲が良いことなどか決め手となりました。

CPAの良かった点

CPAの良かった点はたくさんありますが、2点に絞って書きたいと思います。

1つめは、テキストの分かりやすさです。テキストは各論点、各例題ごとに細かく重要性がランク分けされていました。そのため、自分の得意不得意や時間との兼ね合いを考えつつ、強弱をつけて勉強することができました。私にとってはこれが当たり前になっていたため、他校の友人のテキストを見せてもらった際に重要性が振られていないことに非常に驚きました。CPAのテキストでなければ私は合格できていなかったと感じています。

2つめは、講師やチューター陣の手厚いサポートです。私は5月短答8月論文を受験したため、最後の3ヶ月は時間的にも精神的にも余裕がない状況でした。しかし、1年前に同じ状況を経て合格したチューターさんから丁寧なアドバイスを頂くことで、不安を軽減することができました。何度も相談し、適宜計画を見直しながら勉強を進めていくことができたのは、本当に心強かったです。常に気にかけてくれる講師の方々やチューターさんの存在と相談しやすいアットホームな雰囲気がCPAの良さだと思います。

公認会計士を目指した理由

中高では真剣に部活動に打ち込んでいたため、大学でも何か本気で取り組めることが欲しいと考えていました。また、大学生の間に生涯食いっぱぐれることのないような資格を取りたいという思いもありました。

そこでCPAの説明会に参加したところ、公認会計士は収入が高い職業であることに加え、大学3年次に合格できれば、いち早く就活を終えて残りの大学生活を楽しめることを知りました。もともと数字を扱うことが比較的好きで、抵抗なく簿記の学習を始められたこともあり、公認会計士を目指すことを決めました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する