抜群のフォローアップ体制、教材のレベルの高さでCPAに決めました! ---梶谷 冬馬さん

CPAを選んだ理由

まずなんといっても圧倒的な合格率の高さです。

日吉に通う学生なら一度は公認会計士について考えると思いますが、私はその合格率の高さに惹かれて数ある予備校の中からCPAを選んで説明を伺いに行きました。そこで梅澤先生に、公認会計士の魅力やCPAのカリキュラムについてなど親身になってお話をしていただきました。

CPAでは色々なニーズに合わせて様々な授業の受け方を選択することができます。私は話を聞いて、ここなら長く受験勉強から離れていた自分でも無理なくカリキュラムをこなせそうだと思い、CPAに入学することを決めました。実際今でもCPAを選んで本当に良かったと思っています。

CPAの良かった点

CPAで特に良かったところは3つあります。

まず一つ目が抜群のフォローアップ体制です。他の予備校では講師が常駐しておらず、疑問点が浮かんでもそれをすぐ質問しに行くことはできません。しかしCPAでは受付に入ると、すぐに先生方が待機していらっしゃるので疑問をすぐに解消することができます。

二つ目は教材のレベルの高さです。CPAは各論点に本当に細かく重要性を振っているため、受験生としてはかなりストレスなく効率的に学習をすることができます。また模擬試験等の出題傾向や出題形式も他予備校に比べてかなり研究されており、本試験でのギャップが少なかったように感じました。

そして三つ目は母集団のレベルが高いことです。他予備校ではそもそもの合格率が低いので、環境のせいにして自分の不出来を正当化してしまうという人も少なくありませんが、CPAは生徒全員が本気で合格するつもりで勉強しているので、校舎にいるだけでかなり合格へのモチベーションが高まります。

実際、CPAの中で揉まれていればかなり高い確率で合格することができます。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指したのはキャリアプランが無限大だからです。

人の考え方というのはコロコロ変わります。そんな中で一つの道を選ぶことはかなり難しいと思いませんか。公認会計士を持っていれば監査という専門業務が受け皿になってくれるので、本当に色々なキャリアに挑戦することができます。挑戦することも保身することもできる、そんな幅の広さに惹かれて僕は公認会計士を目指しました。

また公認会計士という肩書きもとても強いと思いました。例えば将来コンサルタントをやるとなった時、何も資格がない状態と公認会計士という資格がある状態とでは顧客からの信頼が大きく違うと考えました。公認会計士になるのは容易いことではありませんが、その分得られるものはかなり大きいと思いますし、僕は公認会計士を目指したことを1ミリも後悔していません。

これから公認会計士を目指す方へ

公認会計士試験は難しい試験です。辛い時もあるでしょう、壁にぶち当たることもあるでしょう、でもCPAでは親身になって相談してくれる講師の方が沢山います。

そして多くの受講生が合格を勝ち取っています。CPAに入学して一旗揚げてみませんか。きっと人生が一変するはずです。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する