CPAは個別の日程表などその人にあったサポートをしてくれました! ---東 陽洋さん

CPAを選んだ理由

大学が近くにあり、駅等で広告をよく目にしていたので、大学入学当初からCPAの存在は知っていました。

公認会計士の勉強をしてみようと思った時、同じ大学の友人の多くがCPAに通っており、一緒に頑張ることのできる仲間を作ることができると思ったため、CPAを選びました。

また、短期間で必ず合格したかったため、大学在学中の一発合格率が非常に高かったCPAに魅力を感じました。さらには、自分は周りの同期よりもかなり遅れて会計士の勉強を始めたのですが、最初に説明を聞きに行った際に講師の方に個人的な授や勉強のペースの日程表を作っていただき、生徒1人1人へのサポートが非常にしっかりしているなと感じました。これらのことから、合格するまでCPAで頑張ってみようと決断しました。

CPAの良かった点

CPAの良かった点は多数ありましたが、ここでは代表的な2つを挙げさせていただきます。

まず1つ目は、授業およびテキスト、他の教材のわかりやすさです。授業では講師の方が、間違えやすい論点や理解の難しい論点を重点的に解説しており、かなり頭に残りやすいという印象を受けました。

また、テキスト及び他の教材では十分なスペースが確保されており、自分で気になった点や注意すべき点を書き込むことが可能となっているため、非常に勉強がしやすいと感じました。

次に2つ目は、生徒1人1人へのサポートがしっかりしているという点です。私は周りと比べて大幅に学習が遅れていたのですが、授業を見たり、答練を受けたりするタイミングを個人日程表により明確にアドバイスをいただけたことが合格につながったと私は考えています。

公認会計士を目指した理由

私は大学入学当初は特に目標、やりたいことがなく、サークルに入って友達と遊びに行くことが多かったです。

しかし、1年生の冬、このまま何もせずに大学生の期間を遊んで過ごしてしまうのは何も成長がなく、非常にもったいないなと感じたため、何かの勉強を始めてみようと考えました。

また、やみくもに勉強をするのではなく、何か資格をとることによって、この先の保険とすることができ、人生を有利に進められるのではないかと考えました。

そこで、数人の友達が公認会計士という資格の勉強をしていたこともあり、予備校で資格の説明を聞いてみたところ、公認会計士は想像以上に魅力のある資格であることがわかりました。そこで、他にやりたいことがあったわけでもなかったため、勉強を始めてみようと考えました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する