CPAでは個人を見て一人ひとりに合ったアドバイスしてくれます! ---髙木 万里子さん

CPAを選んだ理由

会計士という道があることを教えてくれた友人が通っていたことがCPAを知ったきっかけでした。

友人の勧めで日吉校に行き、個別に説明をして頂きました。その際、梅澤先生が会計士試験を受けるにあったってどのようなことを学ぶのか、今から始めるとどのような学習計画になるのかなどを丁寧に説明してくださいました。

そのお話を伺って興味が湧き、友人がいるという安心感もあってCPAで学習を始めようと決意しました。また、講師の方々が校舎に常駐していることや合格率の高さも決め手の一つになりました。

CPAの良かった点

講師やチューターとの距離が近く、すぐに相談や質問ができるのがCPAの良い点だと思います。

私は中途半端な時期に学習を始めた為、登川先生に個人日程表を作って頂いていました。

試験までに受講しなければならない講義の数と残りの時間からどのようなペースで進める必要があるか、いつみんなに追いつけるのかなど親身になって考えてくださいました。自分の為だけの日程表を作っていただいているという気持ちから必死にそのスケジュールについていきました。

遅れてしまった際には、相談に乗ってもらい新たなスケジュールを組み直して頂いたので、すぐに立て直すことができました。このように、個人を気にかけてくださり、いつでも相談や質問ができる環境でなければやり遂げることはできなかったと思います。

公認会計士を目指した理由

大学1年の夏前、所属していた体育会を辞めました。4年間体育会を続ければ大学時代に何かを成し遂げたという功績を残すことができると考えていましたが、辞めたことで何の所属もない大学生になりました。

続けた友人たちはこれから輝いていくにも関わらず、自分は何もしていないのでは辞めたことを後悔すると思いました。そこで、大学生活の間にこれをしたと胸を張って言えるものを探しました。

そんな時、会計士の勉強をしている友人の話を聞き、興味を持ちました。そして日吉校に行ってお話を聞き、将来に繋がる充実した大学生活になると思い、会計士試験に挑戦することに決めました。

学習で苦労した点や工夫した点

成績が上がらなかったり、学習方法で悩んだ際はすぐに講師やチューターの方に相談しました。

もちろん自分でも試行錯誤しながら学習を進めますが、試験のことをよく分かっていて、全体を見通すことができる方々にアドバイスをもらうことで効率的に学習を進めることができたと思います。

これから公認会計士を目指す方へ

決して楽な道のりではありませんが、会計士試験に挑戦して本当に良かったと思える達成感を味わうことができます。

CPAでは個人を見て、一人ひとりに合ったアドバイスを講師やチューターがしてくださいます。だから、壁にぶつかった時も、一人で悩まず講師やチューター、そして友人に話してみてください。必ず誰かが寄り添い、助けてくれます。そんな温かい環境で1人でも多くの方が合格されることを祈っています。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する