CPAでは疑問点をいつでもすぐに解消できました! ---織戸 梨穂さん

CPAを選んだ理由

①講師やチューターにいつでも質問できる環境

私はCPAに入る前は他の予備校で学習していました。以前の予備校では講師に質問できる機会が少なく、わからないことをなかなか解消することができず悩んでいました。

CPAではいつでも質問ができるので、その都度解決しながら効率的に学習を進めることができるのではないかと思いました。

②合格率の高さ

合格率が高いということは、一人一人の生徒へのフォロー体制が整っていることの証だと思います。初めて受講相談をしたときの対応もとても丁寧だったので、信頼できる予備校だなと感じました。

③自習室

常設の自習室がブース式で椅子も座わりやすく、勉強するには最高の環境でした。

私は通学をして周りの受験生からの刺激を受けながら受験生活を送りたいと思っていたので、設備の整ったCPAは最適だと思いました。

CPAの良かった点

自習中にわからないことがあるときに自習室を一歩出れば質問対応をしてくれる講師が常駐していることです。

「こんな質問をしても大丈夫かな?」と思ってしまう質問でもCPAの講師の方々はとても丁寧に答えてくれました。私は自分がわからないことをうまく言葉にできず、抽象的な質問をしてしまうことがよくありました。

そのような質問をしてもCPAの講師の方々は私のモヤモヤが解消されるまでいろいろな角度から説明をしてくれました。受講生の気持ちを理解して対応してくださる講師が揃っていることはCPAの一番の魅力かなと思っています。

また、模試や答練の成績表を講師のもとに持っていくと今後の勉強方針についてのアドバイスをしてくれたこともとても助かりました。公認会計士試験は正しい勉強方法で学習することがとても重要だと思うので、勉強方法に関するアドバイスを個別に受けながら学習できるCPAの環境は素晴らしいと思っています。

公認会計士を目指した理由

私には前職があるのですが、日々の業務にやりがいや楽しさが感じられず将来に漠然とした不安を感じていました。転職をしようと考えていた時に公認会計士について知りました。

公認会計士の資格は監査だけでなく、コンサルや税務などの様々な仕事へチャレンジするためのパスポートであることに魅力を感じました。資格を持つ専門家となり自分のやりたい仕事を自分でつかみ取れるようになりたいと思ったため公認会計士を目指すことに決めました。

また、私は小さい頃に海外に住んでいたこともあり、国際的な仕事がしてみたいという希望が以前からありました。公認会計士はグローバルに活躍できるチャンスの多い資格であるということにも大きな魅力を感じました。

学習で苦労した点や工夫した点

公認会計士試験は試験範囲が膨大であるため、学習した内容を覚え続けることには苦労しました。
ここまで膨大な試験範囲であっても、試験当日までに合格に必要な知識を覚えきることができたのはCPAのテキストが優れているからだと思います。

CPAのテキストは各論点の重要性が短答と論文に分けて示されています。
そのため学習の優先順位や力の入れ具合を論点ごとに調整することができました。

これから公認会計士を目指す方へ

私はCPAに移籍する前は試験の点数も悪く、合格できる自信は全然ありませんでした。
しかし、CPAで授業を受けて講師に積極的に質問をする日々を送っているうちに答練の点数も上がり、自分でも合格できるという自信を持つことができました。

CPAのカリキュラムに沿って頑張っていけば合格できると思うので、是非CPAを信じて頑張ってください!

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する