CPAの体験授業を受けて、この予備校なら大丈夫と確信できました! ---山田 竜万さん

CPAを選んだ理由

CPAで勉強しようと思った理由は在学中の合格実績が圧倒的に高かったことです。

正直、勉強を始める前はどの予備校が良いのか分からず合格率が1番高い予備校ならば大丈夫だろうという考えでした。その後、よくよくパンフレットを見てみると講師と生徒の距離、生徒同士の距離が非常に近く楽しく勉強できそうだなと思いました。

最終的には簿記3級の体験講座を受講してみて良かったらCPAに入ろうと思い、体験講座を受講しました。

この時の講師が国見先生だったのですが生徒1人1人を気にかけながら講義をしてくださりこの予備校なら大丈夫だという思いが確信に変わったのでCPAで勉強しようと思いました。

CPAの良かった点

CPAの良かった点はテキストがとても分かりやすいこと、講師の質が高いこと、カリキュラムが細かく組まれていること(仮にカリキュラムから遅れてしまっても個別に作ってくれること)だと思います。

テキストには説明が丁寧に書かれており、また、図や表がたくさん載っていて具体的なイメージがしやすかったです。しかし、分からない論点ももちろんありました。

ただそんな時でもCPAでは講師やチューターが常駐しているのですぐに疑問を解消することができました。

そして、僕が1番凄いと思ったのが緻密なカリキュラムです。講義の日程や答練の日程が本試験の日程から逆算して細かに作られているため学習を計画的に進めることができました。

公認会計士を目指した理由

高校が附属校だったので大学ではしっかり勉強しないといけないなという思いがありました。

そんな中で何の勉強をしようか迷っていたところ大学の前でチラシの入ったティッシュをもらい大学の生協で行われる説明会に行ってみることにしました。

そこで国見先生が公認会計士の仕事の内容や魅力、試験のことなど様々なことについてお話ししていたのを覚えています。その話を聞き公認会計士の魅力に惹かれ目指してみようと思いました。

また、三大国家資格の1つでもあったのでこの試験に受かったら少し周りからチヤホヤされるのではないか?という思いもありました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する