苦手な監査論・企業法を克服するためにCPAに移籍しました! ---森下 龍太郎さん

CPAを選んだ理由

苦手な監査論、企業法を克服して、論文式試験に受かるためです。

元々他校で公認会計士を目指し始めた私は、朝9時から夜11時までの勉強を週休1日で2年間し、12月短答に受かり、論文式試験に臨みました。勉強時間を記録していたStudyplusというアプリには論文式試験1回目までの勉強時間合計である4,500時間を超える当時の記録があります。

そして、論文式試験の合否は五分五分だなという気持ちで合格発表を迎えました。しかし、そこには私の受験番号はなく、絶望し、その後論文式試験の成績を見たとき、さらに絶望しました。なぜなら監査論、企業法ともに得点比率が43で総合が48だったからです。

勉強をやり切ったはずなのに合格点に到底及ばない。私は公認会計士になることは一生出来ないのではないかという危機感を感じ、どうにかして論文式試験に受からねばと思い、監査論などの評判が高いCPAの門を叩きました。

そこで、国見先生、斎藤先生に親身に相談に乗ってもらい、合格する勉強方法を知っている先生が常に校舎にいるCPAこそ、論文式試験に受かるための最適な環境だと感じ、他校からCPAに移籍しました。

CPAの良かった点

①授業②テキスト③講師④答練⑤環境、全てにおいてCPAに移籍して良かったと思います。

①まず、授業がわかりやすく、理解を促進するものになっています。例えば、財務会計理論の論文対策講義では全15回中6回もが従来の財務会計の考え方と概念フレームワークについてで、その後の授業で扱う各会計基準に対する理解を下支えするものでした。そして、授業をライブで受けるより講義動画で受けることが主流になっており、自分のペースで自分の好きなタイミングに授業を受けることが出来たことも非常に良かったです。

②また、テキストには理解を促進するための図が書かれていることに加え、単元あるいは問題ごとに短答・論文それぞれの重要性が付されているので、勉強が嫌にならない、勉強に対して積極的になれる教材でした。

③加えて、最もCPAに移籍して良かったと思うことですが、担当科目のことはもちろん、正しい勉強法を知っている講師が常に校舎にいることです。そのため、授業で理解できないとき、勉強のやる気が出ないときは、直接話に行って、また、電話を通して、その日中にアドバイスをもらうことができました。

④さらに、答練が直近の本試験に対応しています。つまり、答練において求められるものは単なる暗記の吐き出しではなく、本試験において求められる、理解と暗記の上にある応用力、対応力なのです。答練が本試験に対応しているので、模試の評価(判定)がそのまま本試験の成績につながると感じました。

⑤最後に、CPAは生徒全員が公認会計士試験受験生なので、みながライバルで、勉強に対するモチベーションが高まりました。CPA移籍後、私は夜型で12時前後にCPAに来て勉強を始めていたので、昼にくると自習室の席が埋まっているのを見て焦り、それと同時に燃えたのを今でも鮮明に覚えています。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指した理由は、監査という面から企業全体を見ることができ、企業と共に、私自身も常に成長し続けることが出来ると考えたからです。

藤田晋さんの書いた「起業家」という本を読んだときに、経営とは日々の変化が激しく、答えがない仕事だと知りました。常に挑戦が求められるという点から企業経営に魅力を感じ、企業経営全体に携わる仕事をしたい、経営者と共に私自身も成長したいと思いました。

そして、どうすれば若くして企業経営全体に携わることができ、私自身も成長することができるのかを考えた結果、監査という面から企業経営全体を見ることができ、私自身も常に成長し続けることができると考え、公認会計士を目指しました。

学習で苦労した点や工夫した点

学習で苦労したのは2つ、①苦手な監査論、企業法を克服すること②科目間のバランスをとることです。

①苦手な監査論・企業法は移籍前の他校のテキストを捨て、ゼロベースで授業を受けなおしました。そして、直接、時には電話、Twitterでも監査論は斎藤先生と松本先生、企業法は菅沼先生にたくさんの質問をしました。あと以外と疎かにしがちですが、答練の解説も最後の一言まで集中して受けました。苦手克服に近道はないと思います。

②また、苦手な監査論・企業法にばかり時間を割いて計算科目が疎かになりそうだったので、本試験までの中長期的な計画と1週間の短期計画を、本試験から逆算して立てていました。

これから公認会計士を目指す方へ

「正しい勉強法×勉強量≧合格に必要な最低限の正しい努力」のような式が公認会計士試験にはあり、この式を満たせば合格することができると思っています。

そして、正しい勉強法はCPAの講師が誰よりも知っています。そのため、勉強量が足りているのに壁にあたっている人は、ぜひ一度、講師に相談に行ってみてください。そこで、自分の間違いを指摘されたときは素直に受け止め、直してください。勉強量が足りていない人は、周りと切磋琢磨して勉強量を増やしてください。

公認会計士になることを決め、実際に勉強を始め、継続して努力をしているあなたはあと一歩で公認会計士です。私自身も公認会計士試験に合格することができるのか非常に不安でした。ただし、試験が終わってみてわかったのは、公認会計士試験は自分の間違いを指摘されたときに素直に直すことのできる人で、正しい努力を継続してできる人なら必ず受かる試験だということです。

もうひと踏ん張り、頑張ってください。応援しています。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する