CPAは講師が在駐しており、疑問点をすぐに解消できる環境! ---出雲 雄人さん

CPAを選んだ理由

まずはCPAの圧倒的な合格率に惹かれました。他の予備校に比べても圧倒的な合格率であり、二人に一人受かるという点は非常に魅力的であり、頑張れば確実に合格させてくれるという信頼を与えてくれました。

また自身が早稲田大学に在学中であるため、CPAの早稲田校が他の予備校と比べて通っている早稲田生が多いという点も共に学習する仲間が多いという点で利点であり、cpaを選択する理由となりました。

さらにCPAにはいつでも講師が在駐しており、疑問点をすぐに解消できるという環境も学習をする上で大きな利点であると感じました。

また大学から校舎が近いという点も選択する上で大きい点でした。

以上の点で自分が合格するためにはcpaを選ぶ他ないと考え迷わずにCPAを選択しました。

CPAの良かった点

合格した現在から振り返ってCPAのよかった点を考えると最も大きな点は網羅性がありつつ各論点に重要性の付されたテキストがもっともよかったと感じています。

CPAのテキストは非常に網羅性があるためこのテキストだけやれば大丈夫という気持ちになることができ、安心して学習を進めることができました。また各論点に細かく重要性が付されているため優先的に学習すべきところが明白であり、自分の習熟度に合わせてどこまで学習するか決めることができ非常に効率的に勉強することができました。

また講師の授業も非常にわかりやすく疑問点を挙げることが大変なほどわかりやすい授業で効率よく学習を進めることができました。また校舎に講師の方々やチューターの方々がいつもいるため疑問点が浮かんだ瞬間に解決できました。

またいつでも快適な自習室を利用できるため集中して学習に取り組むことができました。

公認会計士を目指した理由

まず大学に入学をした当初は公認会計士を目指すつもりはなく簿記の資格を取ろうと考えて大学でCPAが主催していた簿記講座に通っていました。そこで簿記を学習していくうちに簿記を勉強することが楽しくなったため公認会計士を目指すことを考えるようになりました。

また公認会計士は三大国家資格のひとつで社会的な地位も高く年収も高いため資格を取得した際のリターンが多い点も公認会計士を目指す大きな理由となりました。

また公認会計士は非常に活躍する範囲が広く自分の可能性を広げることができると考えました。公認会計士はこの資本主義経済を生きていく上で非常に有利なる資格だと考えました

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する