1.8年コースで、公認会計士試験一発合格! 【土橋 健人 さん】

慶大経済学部3年
土橋 健人 さん

自分は将来何をしたいのか…?

経済界で幅広く活躍ができる公認会計士の資格は自分の将来の可能性を広げてくれる上に、『在学中』に資格を取得すればもし会計士の道に進まずに民間企業への一般就職の道を選んだとしても就職活動において非常に有利に働く『最強の資格』であると思い公認会計士の勉強を始めました。

自信を持って勉強できました!

私がCPA日吉校を選択したのは、秋から学習を開始する場合、CPAの1.8年特訓コースが在学中一発合格を成し遂げるための最適なカリキュラムであると思ったためです。

1.8年コースでは、短答式試験の4か月前には短答式の全科目の講義が修了し、短答式試験に向けて4か月間、しっかりと対策ができるカリキュラム設定となっています。

そのため、短答式試験の直前には、自分の納得のいくまで、しっかりと自習や復習をすることができる点が魅力的でした。秋学期から学習を開始して、一発合格することができるのか不安でしたが、CPAの1.8年コースなら、大丈夫だと確信し、公認会計士の学習を開始しました。

範囲の広い公認会計士試験の勉強をしていく上で、わからないことはすぐに解決をして各論点に対する正しい理解をしていくことが重要だと思います。CPA日吉校には全科目の講師の方が常駐しているため、いつでも質問をすることが可能でした。

そのため、私は毎日のように質問をして、疑問点を一つずつ潰していきました。こうすることによって、闇雲に暗記しなければならない箇所を減らすことができ、効率的に学習することができたと思います。

すぐに質問することが重要

私が思う合格のコツは、ただカリキュラムについていくということです。

1.8年コースは、学習1年目に短答科目の講義が修了してしまうため、本試験までに十分な自習・復習・演習の時間をとることができるように配慮されています。CPAのカリキュラムについていくことが、合格への最短ルートです。

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する