大津青葉  大学在学中合格! 「仲間とともに切磋琢磨して合格を勝ち取る!!」

 

 

会計士は多様な企業と関われる点が魅力

高校3年生の時に私は初めて、会計士という仕事の存在を知りました。公認会計士という資格は「監査」を通じて様々な企業の実態を知る事が可能であり、その後のキャリアにもコンサルティングや企業の経営者など様々な業種につながるものだと考えています。また、「監査」という仕事は一般の人では知りえないような様々な企業の実態を見ることができます。それにより得られる知識が多いこと、日本の経済を動かしていく上で必要不可欠な存在であるということに気付き、大学1年生の時に勉強を始めました。

先輩の勧めと合格実績でCPA

私がCPAを知ったのは、部活の先輩に勧められ説明会に行ったことがきっかけです。入学した理由は二つあります。まず合格実績が全国平均の合格率よりも高い実績であり、大学内でもトップの合格実績だった点です。次に、CPAに興味を持った私は体験講座に参加し、国見講師の講義を聞き、CPAに惹かれそのまま入学を決めました。

仲間と切磋琢磨して実力向上

私は基本的に自習室にこもり、勉強をしてました。自習室で勉強するメリットは主に二つあります。一つ目は疑問点が生じたら、すぐに講師に質問が出来る点です。講師は、問題の解法だけでなく、勉強方法についても細かなアドバイスをくださるため、大変参考になりました。二つ目は同じ勉強をする仲間と切磋琢磨することです。互いの勉強方法についての情報交換をしたり、点数を競って負けたくない気持ちになったり、様々な刺激をもらうことができました。講師、友人の支えなしには私の合格はありません。仲間と切磋琢磨しながらの勉強は非常におすすめです。

 

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する