石田翔梧 大学3年一発合格 「継続は力なり」です!!ぜひチャレンジしてください!!

 

 

 

転職にも強い会計士の資格

大学に入学してから、将来に対する漠然とした不安を抱えながら毎日を過ごしていました。私は大学の4年間を使い、「一生もの」の武器を得るために公認会計士の資格を取ろうと思うようになりました。
私が数多くの資格の中から公認会計士の資格を選んだ理由は、決して簡単な資格ではないですが、会計の求められる知識のレベルは最高峰であり、転職が容易であるからです。監査法人を退職した後でもコンサルなど様々なキャリアの選択肢があり、自分の将来の可能性を広げることが出来ると感じたためです。

 

CPAは在学中合格率が圧倒的

私がCPAを選んだ理由は、在学中合格率が他校に比べて圧倒的に高いためです。テキストの勉強のしやすさや、講師の方々との距離の近さなど高い合格実績の要因となる要素は多かったと感じています。また、日吉校は慶應生の割合が非常に高いため共通の話題も多く、すぐに仲良くなれました。励ましあいや助け合いもあり、最後まで勉強を続けることができました。大学生活ではいくらでも楽をすることはできてしまうため、その中で自ら厳しい道を進むことは至難の業です。勉強の仲間を作ってみんなで合格を勝ち取って欲しいと思います。

バランス良く継続して続ける

公認会計士試験の合格のコツはバランス良く継続して勉強を続けることに有ると思います。
試験の科目は一つ一つの論点はそこまで難しいものはありませんが,出題範囲が非常に広く、全ての科目で合格レベルの実力を維持し続けることの難しさが難関資格である所以だと感じました。CPAでは各科目について、適切なタイミングで継続的に答案練習が設定されているので、答案練習に合わせて継続的に勉強することとなることに加え,自分の実力を知ることが出来るので、日々の勉強の方針を立てやすかったです。「継続は力なり」です!!ぜひチャレンジしてほしいと思います。

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する