石谷麻子 大学3年生一発合格! 「周りに支えられながら目標を達成しよう!」

 

 

大きな目標を達成したい

私が公認会計士の資格を目指そう思った理由は、大学に入学して将来のことを考えたとき、大学生のうちに何か大きな目標を立て、取り組みたいと考えたからです。公認会計士については大学に入るまでほとんど知りませんでした。大学の生協で行われていた相談会でなんとなく話を聞いているうちに、「女性も働きやすい」「とてもやりがいもありそうな職業だ」と感じました。そして、大学1年生の夏に公認会計士を目指すことに決めました。

 講師と友達のいる最高の環境

CPAを選んだのは、相談会を行っていたのがCPAだけだったからという理由でした。自分で難関資格を目指すと決めたのはいいものの自習室には大学2年生になるまではほぼ行きませんでした。アルバイトやサークルを言い訳にして勉強をさぼり気味だったことで、周りの人にかなりの遅れをとってしまいました。そんな遅れをとったにも関わらず、結果的に短答式試験も論文式試験も1回で合格することができたのは、CPAの講義の内容や講師の方からのアドバイスはもちろん、同じ目標を持つ周りの友人と支え合えた環境のお陰だと感じています。

答案練習までに復習は必ずしよう!

実際に私が自習する上で気を付けていたのは答案練習(答練)までにその範囲を少なくとも一周はすることです。答練が立て続けにある時期はとても大変でしたし、一周できないこともありました。しかし、毎回一周することを目標にすることで知識を定着させることができたと思っていますので、答練をペースメーカーにして、復習することをオススメします。

周りの支えがあってこその合格

最後に、私は会計士の勉強を通して、諦めないで続けることの大切さと、友人の大切さを実感しました。勉強の方法は人それぞれだとは思いますが、これから公認会計士を目指す皆さんは、周りと切磋琢磨できるCPAの環境で、最後まで粘り強く頑張ってください!

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する