CPAなら大学と公認会計士試験勉強の両立が可能! 【藤野 里奈さん】

藤野 里奈さん
内定先:大手監査法人

自分だけの強みとは・・・?

私は高校生のときから、自分の強みとなるものを得たいと考えていました。自分の強みとなる将来役立つものは何か―それは資格。こうした考えから、何か資格を取りたいと漠然と考えていました。

そうしたときに、友人が将来公認会計士になりたいと話しているのを聞き、公認会計士という資格に興味を持ちました。

公認会計士はプロフェッショナルとしてさまざまな業種業界の人々に接することができる職業であり、人として社会人として、幅広い見識を得られるということに魅力を感じ学習を始めることにしました。

大学の授業を疎かにしたくない!

私には、大学の授業やテストを絶対に疎かにしたくないという思いがあったため、大学との両立を重視しているCPAで学習を開始しました。

その結果、大学のテストを効率的に行うことができ、上手く両立が図れたと思っています。

多くの女性の勉強仲間に恵まれた

公認会計士試験では2年間という長期間に渡って学習をすることになるため、どうしても、不安な気持ちになることもありました。

しかし、CPAは女性の受講生が多いため、勉強をしていくうちに彼女達と自然と仲良くなることができ、一緒に勉強することを通じて、不安な気持ちもなくなりました。

勉強のリズムを崩さない

私が普段の試験勉強で意識していたことは、勉強のリズムを崩さずに継続することです。

私は家では集中して勉強することができなかったので、CPAに毎日決まった時刻に来て自習室で勉強し、毎日決まった時刻に帰るというように、勉強を習慣化しました。

自習室には同じ目標に向かって頑張っている仲間がいるので、自分も頑張ろうと思わせてくれる環境があり、集中して勉強ができました。

試験勉強は長期間及び勉強量も必要なため、自分の勉強スタイルを確立して、継続することが何より重要ではないかと思います。

 

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する