適正規模だからこその高い合格率

他校との合格率の違い

公認会計士試験は相対試験です。相対試験は他の受験生よりも有利な環境で学習することが大前提です。大規模な学校の画一的な学習環境では平均的な実力になりがちです。

合格率が10%台の試験では、約90%台の人は不合格となります。そのため一般的な環境で学習することはリスクでもあります。一人ひとりに最適な学習環境を提供できる適正規模の学校がお勧めです。

 

他校との学習環境の違い

受験生が学校を選ぶポイントは、「最適な個別のフォロー体制」と「教材の網羅性と重要性」、「学習の効率性」の3点です。
CPAは適正規模だからこそ、この3点をご提供できるので、難関試験をより有利に闘うことができます。

小規模校 大規模校 適正規模のCPA
教材の網羅性 足りていなかったり
過剰だったりする
普通 最も高い
効率的な学習 できない 普通  最適な分量を選択できる
フォロー体制 不明  画一的サポート  一人ひとりに最適なサポート
合格率 低い  一般平均程度 高い
結論 受験が不利になる
可能性が高い
 一般的な学習となり
有利でも不利でもない
難関試験を
より有利に闘うことができる

 

他校と教材の網羅性の違い

上級生の学習は網羅性が確保された教材が必須です。本試験や他校教材の傾向が反映されたCPAの教材は他校に比べ、上級生に最適な教材です。

 

他校との効率的な学習の違い

効率的に学習するうえで大切なことは各論点の本試験出題傾向を反映させた「重要性」を意識することです。各論点の重要性を基に、最適な分量を選択しながら学習することが大切です。

 

他校とのフォロー体制の違い

画一的なサポートになりがちな大規模な学校ではなく一人ひとりの環境に合わせた学習ができる「適正規模」の学校がお勧めです。

公認会計士合格者の声

合格者の声は下記よりご確認ください。合格実績についてはこちらからご確認頂けます。

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する