管理会計論講師紹介 梅澤 伸由 (2008年度 公認会計士試験合格)

公認会計士講座 専任講師 梅澤私は、大学卒業後に一般事業会社で営業の仕事を経験し、後に退職後、公認会計士試験に合格しています。

一般事業会社で仕事をすることと、公認会計士では何が違うのでしょうか?

私が大きく異なると感じた点は、公認会計士には高度な専門性があり、多くのサラリーマンでは知ることのできない様々な会社のビジネスモデルを知り、理解することができるということです。

そこで得た知識はビジネスの様々な分野で必要なものとなります。そのため、働く場所は監査法人だけでなく、様々な企業で働くことも可能となります。会社に雇ってもらうという立場ではなく、自分の力を会社に提供してあげる。そんな働き方ができるのが公認会計士です。

公認会計士の資格は、みなさんの人生を大きく変化させる力を持っています。是非、チャレンジしてみてください。

管理会計論はセンスが必要だとか、苦手科目とする方が多いです。

それは計算方法のみを押さえて、問題集を何度も解くことに偏重した学習方法が一般的になってしまっていることや、理論についても理解ではなく暗記に偏重した学習方法に起因しています。

もちろん、問題集の反復や暗記はとても重要なのですがこのような学習法では、本試験で多く出題される新しい形式の問題や、見たことのない指示に対応する力が身に付きません。

私の講義は、徹底的な理解に主眼を置いています。そのため、図や表をたくさん使用したテキストを用いて、具体例を多く交えて分かりやすく講義をしていきます。

しっかりと理解することで、管理会計論は圧倒的にコストパフォーマンス良く合格点を取れる科目になります。私は受講生のみなさんに管理会計論を得意科目にしてもらえるように本気で講義・教材開発をしています。

是非、一緒に管理会計論を得意科目にしていきましょう!!

梅澤講師ブログ

管理会計論 講義復習ブログ⑨ 組別総合原価計算,等級別総合原価計算,連産品  (梅澤講師)

管理会計論 講義復習ブログ⑧ 工程別総合原価計算 (梅澤講師)

公認会計士勉強法 反復が何より大事な理由 梅澤講師(管理会計論)

 

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する