公認会計士試験 合格実績に裏打ちされたCPAの指導理念

「考え方」を押さえる質の高い指導

CPAは毎年、会計系資格の短期間での合格と高い合格率を達成しています。

これは、CPAが「考え方」を押さえる指導理念の下、その実現に向けて講義・教材の開発およびサポート体制の構築を徹底的に実践している結果、CPAの受講生が「考え方」を押さえることが可能となり、効率的な学習を行っているためです。

学習範囲が広い会計系資格試験では、時間がないことを理由に、理解せずに暗記に頼ってしまう方がいますが、単に覚えるだけでは忘れやすくなり、結局余計に時間がかかります。

「考え方」を押さえて、理解することで、忘れることのない深い知識を修得することができるのです。

適正規模に基づく、常に受講生と向き合う質の高い指導

CPAでは、「常に受講生と向き合う指導」を行う理念こそが、受講生を短期間での合格に導く上で、最も重要なことであると考えています。これは、適正規を維持するCPAだからこそ実現できるものです。

理解を支える圧倒的な質問対応力
個別に学習スケジュールを策定
一人ひとりの答練を専任講師が丁寧に添削


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する