短答式試験過去問分析

 

過去問分析(重要性)のメリット

 

【メリット】 勉強時間の大幅削減

財務計算で言うとすべての出題範囲の50%程度から本試験問題の70%~80%程度の出題がなされる

結果として重要性の高い論点を優先的に学習することで、合格レベルまでの学習時間を40%程度削減できる

つまり、

➤初学者なら400時間削減!

➤12月短答生なら100時間削減!

 

【メリット】 合格可能性の大幅上昇

短答式本試験も論文式本試験も出題された問題のうち難易度A・Bランクの問題をどれだけしっかり得点できたのかが

合否を決める。

そのため、出題範囲の50%程度を占める、重要性の高い論点の精度を高めることが大切。

重要性を意識して学習することで、重要性の高い論点の精度を効率的に高めることができ、合格の可能性を大幅に上昇できる

➤初学者なら400時間削減!

➤12月短答生なら100時間削減!

財務会計論(計算)短答式過去問分析 ガイダンス

過去14回の過去問分析
過去問分析に基づく勉強戦略

ガイダンス動画は下記よりご覧ください。


 

過去問分析からなる重要性を明示したCPAの教材

短答直前答練

9月に実施の財務会計論短答直前答練の解説にて、より詳細な過去問分析を実施

テキスト

テキストにて、すべての項目の短答、論文別の重要性を明示

短答対策問題集

すべての問題に重要性を明示

答練・公開模試

すべての答練で、本試験の重要性や難易度に応じた出題をするため、実力の判断、重要性に応じた学習の強化を図れる

 

 

購入ページへ

資料を取寄せる(無料)  オンラインで教材購入