公認会計士 「CPAオンライン校メールマガジン 合格に必要な学習情報15年6月版」

今回は、CPAが毎月発行しているメールマガジンについてのご案内です。

CPAオンライン校より会員登録された方を対象に、月に1度のペースで、短答式試験受験者向け、論文式試験受験者向けに分けて、メールマガジンを発送しております。

メールマガジンは、

①毎月、その月における学習上の注意点や、特に力を入れて取り組んでほしいポイントを解説している「学習アドバイス」

②オンライン校でのお得なキャンペーン情報のお知らせ

③毎月対象商品が変わる!メルマガ会員限定の割引商品のご案内(多くの場合、一般価格より15%~30%割引で購入できます)

をメインにした内容になっており、合格を目指す上で必要な、その月における学習情報をお知らせしております。
では、具体的に、どのようなメルマガなのか?
ご興味をお持ちの方に、今月発行した、実際のメルマガを一部抜粋しましたので、是非、ご覧ください。

以下抜粋
———

2015年6月1日発行 「現時点における短答式試験の分析

2015年12月の短答式試験を受験する皆さまへ

短答式試験,お疲れ様でした。短答式試験から3週間ほどがたちました。

皆さんは,今回の短答式試験を目標に,今まで頑張ってきましたので,この3週間ほどで,一休みできたでしょうか。

本日は,2015年12月の短答式試験を受験する皆さまにお伝えしたいことを書きました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

1.現時点における短答式試験の分析

2.合格までの道のりを明確にしましょう

3.早い時期に,計算力を徹底的に鍛えましょう

4.必見!東京CPAからのお得な「お知らせ」

・ メルマガ会員「限定」の割引教材のお知らせ

・ 全ての科目の講義について,WEB視聴可能

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

1.現時点における短答式試験の分析

現時点においては,東京CPA会計学院では,合格ボーダーを企業法74点,管理会計論65点,監査論68点,財務会計論130点と予想しております。そのため,全体としては,前回のメールと同様,68%くらいに落ち着くのではないかと予想しております。もちろん,合格ボーダーは,下振れする可能性がありますので,合格発表までは,自分がやるべきことに集中してほしいと思っています。

なお,当該ボーダーは,あくまでも予想ですので,6月19日に公表される合格点と異なることがありますので,ご注意ください。

また,東京CPA会計学院では,短答式試験の解答及び解説を,WEB上で公開しておりますので,是非,ご覧ください。

2.合格までの道のりを明確にしましょう

人間は,イメージできたものしか,行動に移すことはできません。

そのため,まずは,合格するまでの道のりを明確にイメージすることからはじめましょう。

これから,どのように考えて,合格するまでの道のりをイメージするのかについて,書いていきますが,このような現状分析や今後の学習の方向性について,イメージがつかない受験生や,そのイメージに自信をもてない受験生は,是非一度,東京CPA会計学院に相談に来てください。

東京CPA会計学院では,今後の勉強方法やカリキュラムについて,受験生1人ひとりの現状を踏まえ,公認会計士の専任講師が1対1で,個別に相談に乗らせて頂きます

合格するための道のりを一緒に考えていきましょう。

お電話(0120-669-334),お待ちしております!

では,どのように考えて,合格するまでの道のりをイメージするのでしょうか。

まず,必要なことは,自分の現状を正確に把握することです。

そのため,まずは,以下のことを把握しましょう。

・・・

続きはメルマガ会員限定ページへ(詳しくはオンライン校より会員登録ください)

3.必見!東京CPAからのお得な「お知らせ」

■メルマガ会員「限定」の割引教材のお知らせ

メルマガ会員の方に限定して,ある特定のカテゴリーの教材を,オンライン価格より割引して「限定価格」にて提供しています。毎月,どのカテゴリーの教材が対象になるのか,楽しみにお待ちください。

6月の対象教材は,「圧縮講義」になります。

メルマガ限定価格として、「圧縮講義」を、通常価格から約20%の割引でのご提供となります。

各科目の圧縮講義は,各科目を既に学習した人向けの講義ですので,上級講義より論点の前提となるような説明は簡略にしています。

圧縮講義では,論点ごとに,テキストに掲載されている図・表や具体例を用いて,『全体像と各論点との関連』,『論点間の繋がりや時系列』をイメージできるよう,基本的な考え方から説明していきます。

その上で,その会計処理がなぜ必要になるのか,その規定がなぜ必要になるのかを解説していきますので,様々な会計処理や規定の深い理解をすることができます。

その結果,公認会計士試験において,基本問題はもちろん,その場で考えて解答を導く応用問題にも,しっかりと正解できる実力を養成することができます。

専任講師が,一つひとつの論点に重要性を示しながら,読みづらい規定や重要な論点を,網羅的に,分かり易く解説するため,公認会計士試験で合格点を取るために必要な知識を効率良く習得することができます。

また,講義内で,短答特有の「ひっかけポイント」についても指摘するため,受講生の多くが悩むような「ひっかけ」でも自信を持って正解することが可能になります。

ある特定の科目の短答式試験に苦手意識があり,苦手意識を克服したい方や,ある特定の科目をより得意科目にしたい方にオススメです。

 

また,その他の教材についても,以下のURLから購入することができますので,是非,ご検討ください。

こちらはメルマガ会員限定価格の商品となっております。ご興味お持ちの方は下記より会員登録へお進みください。

メルマガ会員限定ページはこちら(詳しくはオンライン校より会員登録ください)
――――――

以上抜粋

メルマガを購読したい方は、オンライン校より会員登録をしてください。オンライン校に会員登録された方につきましては、翌月から、順次メルマガを発行させていただきます。

なお,「学習アドバイス」のバックナンバーも読みたいという方につきましては,以下のメールアドレスまで,ご連絡ください。2014年5月の短答式試験以降に発行した「学習アドバイス」について,個別に送らせていただきます。
online@cpa-net.ac.jp

また、オンライン校では会員登録をされた方に、オンライン校で使える1,000円相当のポイントをプレゼントしておりますのでお気軽にご登録ください。

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する