公認会計士のキャリアプラン~監査法人での勤務を徹底解説!

公認会計士は,試験に合格するとまずは監査法人という事務所に勤務します。監査法人は,公認会計士が5名以上で共同設立した特殊法人であり,株式会社という法人形態ではありません。

この監査法人で,企業監査をはじめ,IPOやアドバイザリー業務,パブリックセクターの業務など幅広い経験を積みます。

公認会計士の半数程度の方は,生涯監査法人に勤務しますが,残り半数程度の方は,一般事業会社の経理・財務,コンサルティングファーム,金融機関などに転職をしていくことになります。近年では,ベンチャー企業の最高財務責任者(CFO)を目指す若手公認会計士も増加しています。

今回は,監査法人についてその種類を説明していきます。

まず,監査法人は日本中に数多くありますが,その中の4大監査法人と呼ばれる非常に規模の大きい監査法人があります。

・新日本有限責任監査法人(アーンスト・アンド・ヤングと提携)

・有限責任監査法人ト―マツ(デロイトトウシュト―マツと提携)

・有限責任あずさ監査法人(KPMGと提携)

・あらた監査法人(プライスウォーターハウスクーパーズと提携)

上記監査法人は,職員数が数千名規模になり,かつ,世界の4大会計事務所と業務提携を結んでいるため,グローバルな業務も数多く展開しています。また,クライアントにも一流企業が多いという特徴も有しており,福利厚生や研修制度もとても充実しています。

その他には,中堅・小規模の監査法人が100法人以上存在しており,職員数が数百名の事務所から,10名程度の事務所まで様々です。

中堅・小規模の監査法人の多くでは,クライアントも大企業でないこともあり,一人ひとりが担当する業務の幅が広く,クライアント全体を見れるようになることから,若くから重要な業務を経験できるというメリットがある一方,研修制度や福利厚生が大手監査法人ほど整っていないというデメリットもあります。

中堅監査法人の中で,職員数が数百名程度いる事務所では,海外の会計ファームと提携もしており,クライアント数や研修制度や福利厚生も充実しているため,大手監査法人と中堅監査法人のメリットを双方享受できるので,早く様々な経験が積みたい,パートナーに若くして出世したい方には,お勧めです。

そのような中堅監査法人としては

太陽有限責任監査法人(w:Grant Thornton Internationalと提携)

京都監査法人(プライスウォーターハウスクーパーズと提携)

優成監査法人(w:Crowe Horwathと提携)

東陽監査法人(BDO Internationalと提携)

などがあります。

また,監査法人によって,特定の業界に強い(金融セクターに強い,パブリックセクターに強い)などの特徴や,監査とIPOなどの業務を同じ部署で行っているかが,わかれているかなどの違いがあるため,自分のキャリアビジョンに合致した監査法人を選択することが重要になります。

監査法人の違いというのはあまりわかりづらく,多くの合格者がリクルート活動で感じた法人の雰囲気や人との相性で決めがちですが,事務所ごとに特徴も異なるため,しっかりと調べ就職先を決めてもらえればと思います。

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する