【告知】修了考査テキスト販売のお知らせ

この度,東京CPA会計学院では,公認会計士の修了考査対策として,独学用のテキスト(2015年1月の修了考査に対応)を販売することに致しました。

これまでは,修了考査は合格率が高いので,CPAの卒業生なら合格できると思って,修了考査用のテキストを作成してきませんでした。

しかし,毎年,特にCPAの卒業生から,CPAで修了考査対策を実施してほしいという要望を多く受けていました。

そこで,どのような教材がよいのか,ニーズがあるのかについて,卒業生にアンケートをとらせていただきました。(アンケートにご協力いただいた卒業生の方々,本当にありがとうございました。)

そして,そのアンケート結果から,「あまり時間を使えない」が,「公認会計士試験のときの知識を整理でき,かつ,修了考査特有の範囲についても,知識を修得できる」独学用のテキストが最もニーズが高いという結論に至りました。

そのため,東京CPA会計学院では,以下の方を対象に,独学用のテキストを作成しました。

・ 修了考査対策に,あまり時間を使うことができない方

・ 公認会計士試験のときの知識を効率的に再度整理したい方

・ 修了考査特有の範囲について,効率的に知識を修得したい方

・ 苦手論点を強化するために,分かりやすい教材がほしい方

このお知らせを聞いて,「是非,購入したいけど,修了考査まで残り2ヶ月しかないから,遅いよ」と思われる方が多いのではないかと思います。そのご指摘は,ごもっともで本当に申し訳なく思っております。

そのため,苦手な科目や論点についてのみ,わかりやすいCPAの教材に変更できるよう,科目ごと,論点ごとに,購入できるようにしています。

また,CPAの教材の購入者は,修了考査までの期間,CPA早稲田校と日吉校の自習室を無料で利用できます。もちろん,質問対応もしております。

そろそろ第2四半期も終わりに差し掛かり,修了考査を意識する時期になっているかと思います。もしよろしければ,是非,ホームページをご確認ください。

【追伸】過去問の分析をすると,かなり難しい問題も出題されていますが,アンケートの結果,修了考査を合格するためには,「公認会計士試験のときの知識を再度整理すること」が最も大事で,そのうえで,「修了考査特有の範囲について,知識を軽く修得すること」がポイントだと多くの先輩方が感じています。

この点は,CPAとしても公認会計士試験時の知識を再度思い出すことが最優先の中で,修了考査特有の知識を,重要性を加味して習得することが最も重要であると考えています。

テキストを購入するか否かにかかわらず,その視点を忘れずに,1月の試験まで頑張っていただければと思っています。

修了考査の商品ページはこちら

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する