公認会計士勉強方法 ~記憶を定着させたいなら忘却曲線を意識して反復しよう!~

今回は、勉強方法の反復の重要性について,説明していきます。

正しい理解の重要性については,前回の記事で説明しました。しかし,いくら理解しても,試験中にいつでも使える状態にしていないとなかなか得点にはつながりません。いつでも使える状態にし,習得したと言える状態にするためには,反復が欠かせないのです。

そして,勉強している人の多くの人が抱く悩みのひとつに,『なかなか覚えられないということ』があります。しかし,自分は覚えるのが苦手,暗記は得意ではないという人の多くは,単に覚えようとしている絶対量が不足していることが多いです。

スポーツにしても,やり方を理解しただけでは,試合で活躍できません。やり方を理解した後に,何千回と練習を積み重ねるからこそ,習得できているのです。これは勉強も同じで,理解しただけでできる気になってしまうことがありますが,短期で合格する人は,必死に反復し定着させているのです。

ここで、反復して定着する際に意識してもらいたいのが,忘却曲線です。忘却曲線とは,心理学者のエピングハウスにより導かれた理論で,人が学んだ内容をどれだけ覚えているかを示した理論です。

忘却曲線によると,人の記憶は,最初に100%覚えたものを

1時間後には,44%しか覚えていない

1日後には,26%しか覚えていない

1週間後には,23%しか覚えていない

1カ月後には,21%しか覚えていない。

まず,この事実をしっかりと認識することなのだと思います。何事も習い,その場で理解し,その後放置すれば,1週間後には23%しか残っていないのです。だからこそ,定期的に反復をすることが求められます。例えば,

1回目 講義後すぐに10分ざっと確認する(これ結構大事です!)

2回目 次に1日後にしっかりと復習する(ここはじっくり時間をかける)

3回目 1週間後にもう一度復習する(ざっと復習)

4回目 1カ月以内にもう一度ざっと確認する(ざっと復習)

その後も,定期的に維持するために,定期的に復習を繰り返す。これは人間の脳の仕組みの問題で,このぐらいやって初めて定着することが可能になるのです。

実際に勉強以外の記憶で,1ヶ月前のことをしっかり覚えている人は少ないと思います。1ヶ月前のことでしっかり覚えていることは,相当衝撃的なことのみではないでしょうか。

だからこそ、勉強は、定期的に過去の論点を反復しなければ,1ヶ月放置していたら、大抵のことは忘れてしまうのです。

だからこそ、最低3回,通常は5回以上の反復することが必要です。もちろん,やみくもに反復しても意味はないのですので,しっかりと理解を確認しながら反復することが求められます。

人は忘れる生き物であることを強く認識し,反復し,定着させないと『わかった』から『できる』に移行できないのです。分かった状態から,何度も何度も繰り返すことで,習得できることを強く意識してほしいと思います。

だからこそ,覚えるのが苦手,すぐに忘れてしまうという方は,本当に正しい量の反復をしているのかを振り返ってみてください。

正しい理解と正しい定着のポイント

・自分の言葉で人に説明できるようにする

・全体像と具体的論点を点で理解し,つなぎ合わせる

・忘却曲線を意識し,1か月以内に3回反復する。

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する