論文試験後 経験者向けキャンペーンはこちら

公認会計士のキャリアプラン(金融機関)~公認会計士のスキルは金融機関と相性抜群!多岐に渡る業務で活躍できる!~

今回は、公認会計士試験合格後のキャリア選択として、金融機関での仕事について説明します。

・金融機関でプロフェッショナルとして活躍する

金融機関と言っても、商業銀行・証券会社・投資銀行・ファンドなど、その範囲は多岐に渡ります。公認会計士は、金融機関内では、企業価値を評価算定する「バリュエーション業務」、企業の財務状況を調査する「デューデリジェンス業務」などの分野で活躍することができます。

金融機関も、M&A支援業務や投資業務など、様々な業務を行っているため、公認会計士の知識を活かせる場面は多いのです。

もちろん、銀行本来の業務である融資や証券会社などの運用業務についても、公認会計士の財務会計・税務などの知識を活かして活躍することも可能です。

金融機関で働く場合には、一流のプロフェッショナルとしての高度な専門知識の蓄積と、その知識を活かした価値の高いアウトプットが求められることになります。

・投資業務・ベンチャーキャピタル・ファンド

金融業界で今後ますます盛んになるといわれている業務が、投資業務です。わが国では、銀行から資金を調達する間接金融から投資家から資金調達する直接金融へのシフトは今後ますます進んでいくことが予想されます。その流れの中では、出資のみでなく、様々な経営支援を行うベンチャーキャピタルやPEファンドも今後増えていくことになります。このような投資業務は、金融の知識と経営コンサルティングの知識の双方が必要になってくるため、金融業界や、コンサルティング業界での経験がある公認会計士の活躍が非常に期待できる分野といえます。

金融業界の仕事は、職種によっては、個人の力量が仕事の成果に直結するため、より個人の実力が求められます。そのため、やりがいを持ちやすい反面、プロフェッショナルとしての成果を出せないと活躍するのが厳しい世界とも言えます。

独立開業・コンサルティング業界・金融業界の全てに共通することではありますが、完全に実力主義の世界ですので、結果を出せば、やりがいも高収入も手に入るが、実力がなければ淘汰される環境であるという認識は大切になります。

だからこそ、そのような競争が激しい業界に飛び込む人は、他の人よりも、生涯、自己研鑽に励み、一流のプロフェッショナルになることが求められています。

公認会計士の業務やキャリアを詳しく知りたい方は下記もご覧ください。

『公認会計士のキャリア選択(監査法人のパートナー)』

『公認会計士のキャリア選択(独立開業)』

『公認会計士のキャリア選択(大手企業の経理・財務・経営企画)』

『公認会計士のキャリア選択(コンサルティングファーム)』

『公認会計士のキャリア選択(金融機関)』

『公認会計士のキャリア選択(ベンチャー企業)』

『公認会計士のキャリア(ファーストキャリアの選び方)』

『公認会計士の仕事内容(基本編)』

『公認会計士の仕事内容(監査業務編)』

『公認会計士の仕事内容(税務業務編)』

『公認会計士の仕事内容(アドバイザリー業務編)』

『公認会計士の仕事内容(その他の業務編)』


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する