公認会計士の仕事・業務内容(基本編)~監査業務・税務業務・弁護士や税理士との違い~

そもそも公認会計士とはどういう仕事をしているのかということに疑問を持たれている方も多いと思いますので、まずは、公認会計士の仕事内容を簡単に説明していきます。

公認会計士の独占業務である監査業務と税務業務とは

監査業務とは

公認会計士は、主に監査業務を行っています。監査業務は、公認会計士の資格を保有している人しか行ってはいけない、公認会計士の独占業務です。

具体的に、監査業務というのは、企業の成績表である財務諸表が適正に作成されているかをチェックする仕事です。

では、なぜ、財務諸表が正しく作られているかを監査する必要があるのでしょうか。それについて、企業が事業活動を営むための資金を調達するためという視点から説明していきます。

企業が資金を調達する手段としては、主に、銀行からお金を借りる間接金融と、投資家(株主)からお金を集める直接金融の2つがあります。どちらの場合でも、お金を出す人は、企業の将来性や倒産しないかどうかを知りたいと考えています。そこで、企業は、自分の会社の状態を、財務諸表という成績表によって開示することで、自社は将来性がありますよ、倒産しないですよということを伝える必要があるのです。

そして、銀行や投資家は、企業が毎年公表する財務諸表により、お金を出すかどうかの意思決定を行っているのです。

だからこそ、財務諸表に、嘘が入っていては大問題となります。このような嘘の財務諸表が公表されることを粉飾決算と言い、粉飾決算が生じてしまうと、銀行や投資家は、怖くて資金を出せなくなってしまいます。お金を出す人がいなくなると、経済の血液とも言えるお金の流れが止まってしまい、経済が停滞してしまうという問題が生じます。そのため、円滑な経済活動を支えるためにも、財務諸表が会社の真実の姿を現している必要があるのです。

公認会計士の監査は、外部の専門家である公認会計士が、この財務諸表が会社の真実の姿を現していますよということ、つまり、真実の成績表ですよということを保証することにより、経済活動がスムーズに進むようにしているのです。

このように、監査を通じて、公認会計士は、日本経済を縁の下で支えています。そのため、公認会計士は経済界の最高峰の資格として、医師・弁護士と並び三大国家資格といわれているのです。

税務業務とは

また、公認会計士のもう一つの独占業務として、税務業務があります。税務業務とは税理士の独占業務であり、税金に関するあらゆる業務のことを指します。具体的には、税務署に提出する税務書類の作成、節税のアドバイスなどがあります。ここで、なぜ税理士の独占業務である税務業務も公認会計士の独占業務となるかというと、公認会計士は、税理士としても登録することができるので、みなさんが、公認会計士になると、公認会計士、かつ、税理士となることができるからです。

よって、公認会計士は何をする人ですかと問われたら、一般的には、独占業務である監査業務と税務業務ということになります。それ以外にも、独占業務ではないが、専門知識を活かしたコンサルティング業務事業会社等での、経理・財務・税務・経営管理など様々な仕事をすることが可能です。

医師や弁護士とは違う!?他士業との比較

先ほども述べたように、公認会計士は、医者・弁護士と並び、資格取得の難易度から、三大国家資格と言われています。医者は医学界最高峰の資格であり、弁護士は法律界最高峰の資格に対して、公認会計士は経済界最高峰の資格です。

三大国家資格の中で、公認会計士の業務は、医者や弁護士と異なり、すべてビジネスと密接に絡むものばかりです。ここで、ビジネスに関わる難関資格には、税理士や中小企業診断士・不動産鑑定士などもあるが、その業務の専門性や重要性は公認会計士が最も高いといます。そのため、公認会計士はビジネス界の最高峰の国家資格とも言われています。

また、公認会計士と税理士は別の資格であるが区別がつかないという人も多いのが現状です。

それは、一般的に税理士の方が我々の個人の生活には関わる業務をしているので、公認会計士より馴染みがあるからです。そのため、公認会計士は、税理士さんと何が違うのですかという疑問を持たれている人も多いです。

税理士と公認会計士の違いとは

税理士と公認会計士は、簡単に言うと、公認会計士が企業を相手に監査業務を行っているのに対し、税理士は個人を相手に税務業務を行っていることが多いという違いがあります。しかし、一般的にはその業務の違いが分かりづらいということと、公認会計士は、税理士の登録もできるため、兼任している方もいるので、なおさらわかりづらくなっているのです。

なので、公認会計士の方は、仕事内容を聞かれたときに、税理士みたいな仕事をしていますと説明する人も多いのではないでしょうか。

もう一つ公認会計士に近い士業として、中小企業診断士があります。中小企業診断士は、中小企業の様々な支援を行うことが仕事であり、中小企業の経営コンサルタントと言われたりします。個人事務所を独立開業している公認会計士は、中小企業の経営コンサルティング業務を担うことも多いので、中小企業診断士とも業務内容は一部重なる部分はあります。ただ、中小企業診断士は、独占業務を持っていないという部分が、公認会計士や税理士とは大きく異なる点です。

このように、公認会計士という資格は、税理士と中小企業診断士の業務も行うことができる非常に業務範囲の広い資格なのです。

以上が、公認会計士のお仕事を簡単に説明した内容になります。具体的な監査業務税務業務コンサルティング業務事業会社での業務などは、また別のコラムで詳しく説明していきます。

公認会計士の業務やキャリアを詳しく知りたい方は下記もご覧ください。

『公認会計士の仕事内容(監査業務編)』

『公認会計士の仕事内容(税務業務編)』

『公認会計士の仕事内容(アドバイザリー業務編)』

『公認会計士の仕事内容(その他の業務編)』

『公認会計士のキャリア選択(監査法人のパートナー)』

『公認会計士のキャリア選択(独立開業)』

『公認会計士のキャリア選択(大手企業の経理・財務・経営企画)』

『公認会計士のキャリア選択(コンサルティングファーム)』

『公認会計士のキャリア選択(金融機関)』

『公認会計士のキャリア選択(ベンチャー企業)』

『公認会計士のキャリア(ファーストキャリアの選び方)』


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する